白髪サプリおすすめ効果のある成分はコレ

白髪に効果がある配合成分を徹底解説。ビオチン、亜鉛、ビタミンCなど。

白髪サプリランキング効果

白髪サプリの選びは成分選びです

白髪サプリの選び方には成分選びを合わせて3つのポイントがあります。

白髪サプリランキング効果の口コミ

1位:ブラックサプリEX

白髪になってしまうのは、多くの人が加齢のせいだと思っている人が多いのですが、黒髪成分に大きな影響を与えるメラニン色素を活発にすれば良いのであきらめる必要はありません。日ごろの栄養不足を解消するために、黒髪の8大成分(ビオチン、亜鉛、ビタミンC、ビタミンE、銅、パントテン酸、カルシウム、Lリジン)のすべてを配合したブラックサプリEXを試してみてはいかがでしょうか?

2位:黒ツヤソフト

3位:黒フサ習慣

4位:ミレットアップ

5位:マイナチュレサプリ

白髪サプリランキング1位のブラックサプリEXの口コミ


配合成分:オルニチン、亜鉛含有酵母、黒ごま末、赤ワインエキス末、L-リジン、ゼラチン、パントテン酸カルシウム、でんぷん、ビタミンC、ビオチン、ステアリン酸カルシウム、アルギン酸

白髪サプリに効く成分の比較

ブラックサプリEX

黒ツヤソフト

黒フサ習慣

ビオチン
亜鉛
ビタミンC
ビタミンE
パントテン酸
カルシウム
Lリジン

 

白髪サプリの成分による効果

女性の白髪をなくすサプリの成分

女性の場合、出産後に白髪が増えるといわれています。

とくに授乳中に白髪が増えている女性が増えています。

これは、出産後にエストロゲンの分泌量が一気に減ることでホルモンバランスが崩れ、黒髪成分のメラノサイトが影響を受けるからだと考えられています。

銅のメラノサイトへの白髪への効果

銅はメラニン色素を作るチロシナーゼという酵素の合成にかかわっています。

そのため、銅が不足するとメラニン色素を作る酵素の合成が少なくなり、毛髪から色が抜けてしまって白髪になってしまいます。

また、銅はチロシンからメラニン色素を作る速度を飛躍的にアップさせる必須の栄養素です。

銅はメラニン色素を作るメラノサイトの活動を活発化させる働きがあるので、産後の女性は積極的に摂取していきましょう。

一般女性 授乳中の女性
18歳~69歳 0.8mg/日 1.3mg/日

 

カルシウムのメラノサイトへの白髪への効果

カルシウムは、髪の色素を補う栄養素の1つであり、メラニン色素を作る細胞のメラノサイトを活発にする働きがあります。

カルシウムが不足するとメラノサイトの働きが悪くなり、メラニン色素が作られなくてなり髪に栄養が届かなくなり、その結果、黒髪が白髪になってしまうのです。

特に産後の女性の場合は、赤ちゃんに母乳を通してカルシウムを提供しています。

出産していない女性に比べてるとカルシウムが不足しがちになります。

一般女性 授乳中の女性
18歳~ 650mg/日 650mg/日

授乳中の女性の付加量はありませんが、通常時の推奨量をめざして十分に摂取することが大切です。

引用元:http://www.glico.co.jp/navi/e07-3.html

ビオチンの黒髪の代謝アップ効果

ビオチンは、髪の健康を保つ役割とされています。

ビオチンが不足してしまうと、代謝が落ちて白髪を引き起こしてしまう可能性があります。

ビオチンを補うことで、代謝が復活し、髪の色素細胞も活性化されて白髪の改善が期待できます。

また、ビオチンはビタミンB7とも呼ばれ、コラーゲンの生成も助け、つやのある太い髪の毛を生成することにも効果的です。

L-リジンでケラチンを生成する白髪への効果

髪の毛の90%以上はケラチンというたんぱく質でできています。

このケラチンを作るために必要な必須アミノ酸がL-リジンです。

Lリジンは必須アミノ酸のため、体内では合成されません。

食べ物から取る必要があるものの植物性タンパク質の中には含まれている量が少なく、不足しがちなアミノ酸の1つとなってしまっています。

効率的に摂取するならサプリメントが良いと言わざるをえません。

また、コラーゲンの生成を助け、肌に潤いを与えたり、カルシウムの吸収を高めるなど髪に良い効果を多数もたらす栄養素でもあります。

関連記事:白髪サプリの効果の口コミ

男性の白髪を改善するサプリの成分

30代になると男性も白髪になる人が増えて、白髪サプリを検討する人も多いようです。

しかし、一般的には40代になると白髪になる人が多いので、明らかに何かの栄養素が不足していといえます。

実は、髪の毛はもともとは黒ではなく、白です。

つまり、髪の毛を黒くする力が低下したために、もともとの白い髪の毛に戻ったのが白髪なのです。

加齢や栄養不足で、色素幹細胞であるメラノサイトが栄養不足でメラニン色素をうまく生成できないのが原因だと考えれます。

例えば、活性酸素は加齢によって代謝のスピードが落ちると体の中に蓄積して、メラニン色素を生成する酵素のチロシナーゼを破壊してしまうため白髪になるのです。

ビタミンCの白髪の活性酸素への効果

ビタミンCは、白髪の原因となる活性酵素を除去します。

また、抗ストレスビタミンとも呼ばれ、ストレス社会の強い味方になってくれます。

また、ビタミンCは新陳代謝や細胞分裂にも大きく関わる栄養素で、健康な頭皮や髪の毛を作り出し、黒髪をストレスから守ります。

間接的に活性酵素の除去をすることにより、メラニン色素を生成するチロシナーゼの破壊から守り、髪の毛を黒く保つ成分と言えます。

パントテン酸はビタミンCの働きを助ける

活性酵素を除去する働きのあるビタミンCですが、加齢による弱るとパントテン酸の助けが必要です。

効率よく活性酵素を除去するためには、ビタミンCの効果を最大限に引き出す必要があり、その手助けの1つがパントテン酸です。

また、医学的には証明されていないもののヨーロッパやアメリカでは、白髪予防の有効成分として知られています。

ビタミンEの白髪の抗酸化効果

ビタミンEは、抗酸化作用を行うことで効果を失ってしまいます。

髪を活性酵素から守るためには仕方がないことなのです。

しかし、ビタミンCの効果によって、ビタミンEは本来の力を取り戻すことができます。

ビタミンEは、毛細血管を拡張し栄養を届きやすくすることができます。

これは、髪の毛も同じことが言えますので、黒髪をキープすることになります。

亜鉛の白髪対策効果

亜鉛が不足するとタンパク質の合成ができなくなり、髪の毛の90%以上をしめるケラチンが作れなくなってしまいます。

毛髪にはもともと亜鉛が存在していて、新陳代謝や細胞分裂を正常化する役割があります。

当然、髪の毛の強さであるキューティクルを丈夫にするだけでなく、黒髪を維持するためにも不可欠な成分です。

また、亜鉛は、間接的に過酸化水素の除去をすることで、髪の毛を黒くするメラニンの生成を助ける働きもあります。

サプリの副作用で白髪になる成分

白髪の原因は、メラニン色素の減少が主な理由だといわれています。

メラニン色素が強いと肌が黒くなったり、しみになったりしてしいます。

多くの場合、黒色メラニンは表皮の基底層(皮膚の浅い部分)に存在しています。茶色や黒みがかった色調のシミ・そばかすは、この皮膚の比較的浅い部分にある黒色メラニンが原因です。

引用元:https://www.ssp.co.jp/hythiol/troublenavi/shimi/symptom01.html

そこで多くの美白化粧品やシミ消しクリームなどにメラニン色素の活動を抑える成分が入っています。

関連ページ:白髪サプリの安全性と副作用

L-システインの副作用で白髪のメラニン色素の活動を抑える成分

Lシステインには、チロシンがメラニン色素に変換されるのを抑制される働きがあります。

シミやそばかすを予防する美白サプリなどには良く配合されている成分です。

メラニン色素が抑制されると黒髪を作っているメラニンの生成を抑えることにもなるので、白髪を増やしてしますことがあります。

ロスミンローヤルの副作用で白髪になる

ロスミンローヤルはシミやそばかすに効く第三類医薬品です。

ロスミンローヤルにはLシステインが配合されています。

ただし、黒髪を白髪にするぐらいメラニンの働きを抑制するためには、1日に160mgが必要です。

ロスミンローヤルで160mgを満たすためには、推奨量の3倍飲む必要があります。

ですから、まず白髪にはならいないと言って間違いありません。

ハイチオールCの副作用で白髪になる

ハイチオールCにもLシステインが配合されています。

Lシステインには、チロシナーゼの阻害作用があります。

チロシンがチロシナーゼ酸化酵素になった時にメラニン色素となります。

メラニン色素が増えたことによって髪は黒くなりますので、ハイチオールCに配合されているLシステインのチロシナーゼの阻害作用は白髪を増やすことにつながってしまいます。

ビタミンCの取りすぎもよくない白髪増える副作用に

ビタミンCは抗酸化作用がありますので、白髪の抑制になりますが、取りすぎると白髪を増やしてしまいます。

例えば、シナールシクシは、メラニンの生成を抑えるため、ビタミンCが1000mgも入っています。

この効果によってしみ、そばかす、日焼けなどの色素沈着を緩和するわけですが、髪の毛のメラニンの生成も抑えてしまうため、白髪が副作用として増えてしまうこともあります。

白髪サプリの効果的な飲み方のタイミング

サプリメインとは薬と違い、日本では基本的には食品として扱われています。

タイミングは、食後に飲む人がほとんどですが、続けることが何より大切なので、食事の時に飲み忘れてしまっても思い出したときに飲んでください。

理想は食後30分と言われています。

食後は、食べ物を胃腸が消化吸収するので、一緒にとったサプリメントの吸収率があがるということです。

関連ページ:白髪サプリの飲み方は成分によって変わります

サプリメントの容器を見ると、摂取量程度しか記載されていないことが多いため、飲むタイミングは朝が良いのか、夜が良いのか迷ってしまうものです。
いつどのように飲んでもいいのですが、まずは食後に1日の目安量を分けて飲んでみてはいかがでしょうか。例えば、一日2粒の場合は、朝・晩に、3粒の場合は、朝・昼・晩に分けて飲用します。
分けると飲み忘れてしまいそうな方は、一日の中で飲むタイミングを決めておくのもいいでしょう。ランチや夕食は外食になることが多い方、時間が不規則な方などは、朝起きてからすぐの飲用や、就寝前の飲用などを習慣にすることで、飲み忘れを防ぐことができます。

引用元:https://www.suntory-kenko.com/supplement/about/002/

白髪サプリのビオチンの飲み方

ビオチンはビタミンB7ともいわれる水溶性のビタミンの1つです。

一度にたくさん飲んでも、水溶性のビタミンは、尿と一緒に排出されてしまいます。

そのため、サプリを多く飲んでも効果が強くなることはありません。

白髪サプリの1回の容量を守って続けてください。

アルコールの摂取量が多かったり、喫煙が多かったりするとビオチンが不足することがありますので白髪が気になる人は、控えたほうがよいでしょう。

ビオチンが不足すると代謝が落ちて白髪を引き起こすことがあります。

白髪サプリの亜鉛の飲み方

亜鉛はカルシウムや鉄などと相性が悪く、一緒に飲んでしまうと吸収率が悪くなってしまいます。

反対にビタミンCとはとても相性がよく、一緒に飲むことが吸収率を数倍上げることができます。

白髪サプリを選ぶときは、亜鉛と一緒にビタミンCが入っているかどうかをチェックしてみてください。

亜鉛が含まれている主な食材は肉です。

牛肉、豚肉、鶏肉などどれでもかまいませんが、部位はホルモンなどの内臓などが亜鉛を多く含んでいます。

亜鉛は、不足しがちな栄養素なので、積極的にサプリメントで補っていきましょう。

白髪サプリのビタミンCの飲み方

ビタミンCは水溶性のため、尿と一緒に排出されるため体内に長くとどめておくことができませんので、できるかぎり毎日、摂取したい成分です。

白髪と関係が深いメラニンの生成にかかわっています。

ビタミンCは、胃などで消化されることなくそのまま主に小腸から吸収されます。

そして血液にのって体中に運ばれ、貯められて、必要なときに使われます。

また、ビタミンCは、その摂取量によって吸収率が変わります。

ビタミンC180mgを口から摂ると80~90%が吸収されますが、1,000~5,000mgまで増やすと吸収率は21%まで下がります。(その分吸収される量自体は増えます。)

引用元:http://www.orthomolecular.jp/nutrition/vitamin_c/

また、ビタミンCは亜鉛の吸収率をアップする役割もあります。

白髪サプリのビタミンEの飲み方

ビタミンEは脂に溶けやすく、体内に蓄積されやすい「脂溶性」ビタミンです。

脂溶性ビタミンの中でも比較的早く吸収されます。

ビタミンEは、抗酸化作用で白髪を防ぐことができますが、その効果は短いです。

そこでビタミンCを一緒に摂取するとビタミンEの抗酸化作用が回復し、再び白髪を防ぐような効果を発揮します。

白髪サプリの銅の飲み方

銅は体内に蓄積されていく栄養素なので、普通の生活習慣をおくっていれば不足することはあまりありません。

銅の摂取量の標準は成人男性で1日0.9ミリグラム、成人女性で1日0.8ミリグラムとかなり少なくなっていますが、加齢とともに推奨量が増えていきます。

銅の食事摂取基の推奨量

男性 女性
1~2  0.3  0.3
3~5  0.4  0.4
6~7  0.5  0.5
8~9  0.6  0.5
10~11  0.7  0.7
12~14 0.8 0.8
15~17  1.0  0.8
18~29  0.9  0.8
30~49  1.0 0.8
50~69  0.9 0.8
70以上  0.9 0.7

引用元:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/mineral-dou.html

子供のころに比べると大人は必要な銅の量が増えることがわかります。

食事だけでは不足する場合は、サプリメントで摂取していきましょう。

白髪サプリのパントテン酸(ビタミンB5)の飲み方

パントテン酸はビタミンB群の一種(ビタミンB5)です。

ビタミンB群は一緒に飲むと相乗効果があります。

白髪サプリに配合されているビオチンはパントテン酸と一緒に飲むことで効果が倍増します。

相乗効果だけでなく、たんぱく質や脂質などの代謝を助け、髪の隅々まで栄養を運んでいきます。

また、パントテン酸は、髪の健康にかかわる成分として注目されています。

白髪サプリのカルシウムの飲み方

カルシウムは、アルカリ性なので、食後するに摂ると胃酸を中和してしまい、消化不良をおこします。

そのため、タブレットや錠剤のサプリメントは吸収するスピードをコントロールして副作用がないようにしています。

厳密に言えばカルシウムは、胃酸があまり出ていない寝る前がよいといわれていますが、続けることの方が大事です。

あまりストレスにならないように3か月飲み続けてみましょう。

白髪サプリのLリジンの飲み方

L-リジンは飲み合わせの悪い成分などはないので、水やお茶でのめば問題ありません。

リジンは乳製品・鶏肉・牛肉・納豆・豆腐などの食品に含まれていますが、リジンは人間の体内で作り出ことができない必須アミノ酸の1つです。

白髪に有効なカルシウムの吸収率を高めていくこともができますので、積極的にサプリメントで摂取していきましょう。

白髪サプリ複数の飲み方や飲み合わせ

白髪サプリに限らないのですが、サプリメントは日本では食品の1つと考えられています。

薬と違って、飲み方に厳密なルールがあるわけではありません。

他のサプリとの飲み合わせは、健康食品なので、基本的には問題ございません。

ただし、お薬を服用中の方は、かかりつけの医師にご相談ください。

白髪サプリの料金の比較

白髪サプリ市販の比較

白髪サプリに特化したサプリは市販で買うことはできません。

最近は、ドラッグストアやコンビニでDHCやファンケルのサプリを気軽に買うことができますが、成分ごとにしか売られていません。

DHC(30日分) ファンケル ブラックサプリEX
亜鉛(マルチミネラル) 458円 915円 5540円   
銅(マルチミネラル)
カルシウム(マルチミネラル)
ビタミンC(マルチビタミン)  886円 2571円
ビタミンE(マルチビタミン)
セサミン 1620円 1620円(DHCで代用)
レスベラトロール 2667円 2036円
合計 5631円  7142円

 

通常価格でも市販のサプリメントより安いですが、定期コースにするとさらに安くなります。

関連ページ:白髪サプリの料金!白髪サプリがお得な理由

初回限定になりますが、全国送料無料で28%オフです。

白髪サプリ通販の比較

白髪サプリのブラックサプリEXを楽天で探してみました

白髪サプリのブラックサプリEXをAmazonで探してみました

白髪サプリのブラックサプリEXは公式が安い

楽天 amazon 公式
5378円 5684円 3980円

公式で買うと初回限定ですが、価格が圧倒的に安くなります。

楽天やAmazonで購入するの損をしますよ。

白髪サプリのブラックサプリEXはコスパが良いです

価格だけ見るとブラックサプリEXは黒フサ習慣より高いと感じるかと思います。

しかし、ブラックサプリEXには黒フサ習慣にはない白髪サプリに必要な成分が入っていません。

いくら価格が安くても白髪サプリに必要なLリジンやビオチン分が足りないために買い足す必要があるのでトータルコストは高くなります。

ブラックサプリEX 黒ツヤソフト 黒フサ習慣
 初回限定価格  3980円 4480円 1980円
Lリジン 1000円 1000円
ビオチン 1049円
パントテン酸 979円 979円
合計 3980円  6459円  5008円

ブラックサプリは定期コースの縛りがない

また、ブラックサプリEXは、継続縛りがないので、定期コースであってもいつでも解約できますのでご安心ください。

白髪サプリのブラックサプリEXは、通販限定で販売することにより在庫の管理費や人件費を大幅にコストを削減しました。

安くても決して品質が悪いわけではありません。

公開日:
最終更新日:2018/06/15