白髪サプリおすすめ効果のある成分はコレ

白髪に効果がある配合成分を徹底解説。ビオチン、亜鉛、ビタミンCなど。

白髪サプリの安全性と副作用

白髪サプリの安全性について

サプリメントを摂取する際の上限について

サプリメントは美容内科医の監修のもと、日本人の食生活の現状に合わせた上限量を算定しておりますので安心してご利用いただけます。 天然素材の食品原料を使用したサプリメントや植物由来のサプリメントを使用しているため、成分含有量の変動が生じる場合がございます。 栄養の吸収率には個人差があるため、その人にあった成分量を一概に算定するのは非常に困難であります。毎日の食生活のご参考に、厚生労働省が発表している「第6次改定日本人の栄養所要量」をご覧ください。

引用元:https://www.ordersupli.com/faq/

安全性を気にするなら専門の資格をもった人が監修したサプリメントが良いと思います。

ブラックサプリEXは医師でありながらサプリメントアドバイザーの資格をもっている服部達也先生が監修しています。

また、服部達也先生の専門は、美容内科なので、女性のエイジングアドバイザーとしての知識も豊富で、白髪についても日常的に見識を高められています。

サプリメントと薬の違い

医薬品は薬事法で定められた成分含有量などの基準をクリアし、厚生省から承認を得て「○○に効く」といった効能を謳うことができます。 しかしサプリメントは食品ですので、効果効能などは謳うことができません。成分も通常食べられるものや食品衛生法で食品添加物として認められているものに限られます。 サプリメントは薬のように即効性があったり、病気の治療を目的としたものではなく、毎日の食生活の中で不足しがちな栄養素や機能性に優れた成分を手軽に効果的に補うことを目的としています。 生活習慣病の予防や美容など、健康で毎日を過ごすために役立てて下さい。

サプリメント後進国の日本は、サプリメント=食品という扱いになっています。

諸外国からしたらとても違和感を感じるのでしょうけど、これが現実です。

食品なので、薬と違って薬機法により効果をいう事ができません。

しかし、今やサプリメントを日常的に摂る人は増え続けていることを考えると効果があるということは明白なんだろうと思います。

つまり、サプリメントが効果がないわけではなく、法律が時代の変化についていけないだけなのだろうという事です。

白髪サプリメントの注意点

白髪サプリのブラックサプリEXは、安心して飲み続けられるように厳しい品質管理をしています。

その結果、モンドセレクションで金賞をとることができました。

白髪サプリはアンチエイジングが必要とされる年齢の方向けに開発されたものです。

子供が飲むことは想定されていないので、子供の白髪が気になる親もいるかと思いますが、子供への服用は、絶対にやめましょう。

妊婦さんも産後白髪が気になるとは思いますが、白髪サプリの服用はやめた方が無難です。

また、サプリメントの多くは食品から抽出された成分で作られているので、アレルギーのある食品が原材料の場合は、お控えください。

例えば、ブラックサプリEXは、オルニチン、亜鉛含有酵母、黒ごま末、赤ワインエキス末、L-リジン、ゼラチン、パントテン酸カルシウム、でんぷん、ビタミンC、ビオチン、ステアリン酸カルシウム、アルギン酸が含まれていますので、ご確認ください。

妊娠中の方は、必ずかかりつけ医に相談の上、ご利用ください。

白髪サプリの原材料による安全性と副作用の確認

サプリメントの原材料を比較してみます。

サプリメントの原材料は含有量が多い順に表示されています。

ブラックサプリEX 黒フサ習慣
カプセル ハードカプセル
オルニチン、亜鉛含有酵母、黒ごま末、赤ワインエキス末、L-リジン、ゼラチン、パントテン酸カルシウム、でんぷん、ビタミンC、ビオチン、ステアリン酸カルシウム、アルギン酸 タカサブロウ・ナルコユリ混合抽出物(タカサブロウ抽出物、デキストリン、ナルコユリ抽出物)、デキストリン、澱粉分解物、酵母(亜鉛含有)、マルトース、黒五(黒米、黒大豆、黒ゴマ、黒松の実、黒フサスグリ)、昆布末、黒酢もろみ末、ケラチン加水分解物、アキョウペプチド末、発酵黒ニンニク末、ひじき末、イカスミ末、プルーンエキス末、黒酢粉末(デキストリン、黒酢)、ブラックジンジャーエキス末、黒糖、豚肝臓、牡蠣エキス末、納豆末、ビルベリーエキス末、梅肉エキス末(デキストリン、梅肉ペースト、梅酢)、サンシュユ末、ホップ抽出物、ビタミンE含有植物油、コレウスフォルスコリ抽出物、L-シスチン、L-チロシン、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、L-メチオニン

表の赤字が添加物です。

添加物は、ない方が良いにこしたことはないのですが、白髪サプリを固めたり、保存するために必要な場合があります。

これらの添加物もできるだけ害がないようなものを選びましょう。

また、黒フサ習慣のように最初の方に添加物が多い場合は、安全とは言えないです。

ゼラチンの安全性と副作用

ゼラチンはサプリメントでは、ハードカプセルやソフトカプセルの材料になります。

白髪サプリメントのカプセルで使われています。

まれにゼラチンアレルギーの人がいますので、アレルギーが疑われる人は控えた方がよさそうです。

ゼラチンは、一般的には、動物性たんぱく質のコラーゲンを原料にしているので、添加物とは呼ばれていますが、特に副作用や健康被害はありません。

また、狂牛病の発生国やリスクの高い国のものは使用されないのでご安心ください。

でんぷんの安全性と副作用

でんぷんは、米や小麦、とうもろこし、じゃがいものなどに含まれる炭水化物です。

水と混ぜて加熱することで、のり状になっていきます。

でんぷんは古くから接着剤として使われていますので、でんぷんアレルギー以外の人はとくに副作用もなく問題ないかと思います。

白髪サプリでは、増量剤、また粘り気やとろみを出すためなどに使われます。

味やにおいは一切ないので、サプリの成分と混ざって嫌な思いをすることもありません。

ステアリン酸カルシウムの安全性と副作用

ステアリン酸カルシウムは主に、白髪サプリのコーティングに使われています。

ステアリン酸カルシウムは、人体に入っても吸収されることは、ほぼありません。

白髪サプリに含まれていても、吸収されないという事なので、副作用や安全性を気にする必要はありません。

デキストリン(澱粉分解物)の安全性と副作用

デキストリンとは、α-グルコースがグリコシド結合によって重合した低分子量の物質の総称で、デンプンの仲間なのです。

引用元:https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/fiber/about/type/dextrin/

デキストリンは水溶性の食物繊維なので、白髪サプリの添加物として含まれています。

 

白髪がサプリで増える理由

美白サプリやシミサプリで白髪になる理由はLシステインだった

美白サプリには、Lシステインというチロシンがメラニン色素に変換されることを抑制する働きがあることから、シミやソバカスを予防する成分が入っていることが多いです。

サプリメントは、肌だけをピンポイントで効果を発揮するわけではありません。

体全体のチロシンに対して働いてしまいます。

このLシステインの効果は、髪の毛でも同じことが起こってしまうので、白髪の原因となってしまうことがあります。

ただし、1日240mgまでの摂取量を守れば、あまり問題になりません。

Lシステイン対策成分

ビタミンCがLシステインを対策

ビタミンCを一緒に取ることで、メラニン色素に働きかけます。

ビタミンCの抗酸化作用で白髪の原因の1つである活性酵素を除去することができます。

また、代謝をあげることで、白髪を減らすこともできます。

ビオチンのLシステインを対策

ビオチンは、Lシステインの副作用を打ち消すために有効です。

代謝を高める働きがあるので、ビオチンを一緒に摂取することで白髪を防ぐ効果があります。

ハイチオールCが白髪を増やす

ハイチオールCは、システインのチロシナーゼ阻害作用を考えると白髪のあまり良くないものだと思います。

メラニン色素を作るには、チロシンがチロナーゼ酸化酵素により変換され、メラニン色素になります。

そのため、チロシナーゼを阻害するとメラニン色素の生成が少なくなります。

メラニン色素の生成がなくなることにより白髪が増えてしまいます。

 - サイトマップ