白髪サプリランキング!おすすめの効果

白髪に効果がある配合成分を徹底解説。ビオチン、亜鉛、ビタミンCなど。

白髪サプリの効果の口コミ

白髪サプリの効果の口コミ/白髪の原因は生活習慣にあった!

白髪サプリで白髪対策をすることはもちろん大事なことなのですが、日々の生活習慣を見直すことも重要です。

ずばり、白髪になる人は、白髪になる生活習慣を送っています。

生活習慣を見直すことで白髪ができにくい状況を作ることが大切です。

白髪の原因は食生活

白髪は、偏った食生活が引き起こすことが多いです。

現代人は、忙しいため、コンビニ弁当を買って済ますことが多くなります。

月に数回なら問題はないのですが、週の大半をコンビニ弁当にすると危険信号です。

コンビニ弁当を作っている業者は安く提供したいので、どうしても特定の栄養素が偏ってしまいます。

例えば、白髪サプリに入っている亜鉛が不足します。

亜鉛は、毛母細胞の新陳代謝や細胞分裂に深くかかわっており、重要な働きをしています。

亜鉛が不足するとたんぱく質の合成ができなくなったり、過酸化水素の除去をして黒髪の生成を助けることができなくなったりします。

マクロビが白髪の原因に

マクロビは、健康的な食生活を実践しているはずなのに、白髪になったという報告があります。

その原因は、日本人の体質と実践の仕方にあるといわれています。

どんな健康的なものであっても、やはりストイックにやりすぎると支障がでます。

たとえば、極端に、何かの食べ物を食べないとするとやはり不足する栄養素がでてきてしまいます。

日本古来から続いている日本食というのがやはり日本人にあっているということです。

白髪が黒くなる食べ物

白髪をなくす食べ物の代表的なものが黒ゴマです。

黒ゴマには、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、たんぱく質、銅、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維、マンガン 、セサミンが含まれています。

この黒ゴマの豊富な栄養素が、白髪の原因となるメラニン色素の欠乏を防ぎます。

さらに活性酸素の除去にも有効な成分が含まれますので白髪対策に有効です。

白髪の原因はお酒

アルコールは過剰に摂取しなければ全く問題ありません。

ただ、量が多いと髪の毛で使われるはずのアミノ酸がアルコールの分解で使われてしまいます。

アルコールの分解と黒髪の生成では、生命にかかわるのは当然、アルコールの分解ですので、優先されます。

優先されたアミノ酸の消費によって、黒髪の生成には足りなくなってしまい、結果、白髪になってしまうということです。

白髪サプリには、髪の毛に必要なアミノ酸のもとを接種できます。

とくにリジンは、必須アミノ酸なので体内で作り出すことができません。

足りなくなった場合は、白髪サプリで補うしかありませんね。

オルニチンはアルコールの除去に使われる

アルコールは体内に入ると、酵素の働きでアセドアルデヒドという有害な物質に変化します。通常、このアセトアルデヒドは肝臓で無害なものに変換されるのですが、大量にアルコールを摂取したり、肝機能が低下したりしていると無害化が追いつかず、頭痛や吐き気などの症状を引き起こすといわれています。オルニチンはアルコール代謝に関わるオルニチン回路において重要な役割を果たしているため、このような症状に対して効果が期待されています。

引用元:http://cp.glico.jp/powerpro/amino-acid/entry18/

本来、オルニチンは、正常な髪の毛の成長に欠かせません。

しかし、二日酔いなどで大量のアルコールの除去のために、オルニチンが使われてしまいます。

お酒は適量なら問題ありませんが、二日酔いになるほど大量に使うと肝臓で使われてしまい、髪の毛に必要な分が足りなくなってしまいます。

髪の毛に足りないオルニチンは、やがて白髪の原因の1つになってしまうのです。

白髪の原因はタバコ

タバコに含まれるニコチンは、血管収縮作用があります。

血管が縮めば、血流が悪くなります。

黒髪の生成に欠かせない毛母細胞やメラノサイトも血液によって栄養が運ばれ、活性化されます。

つまり、血流が悪いと細胞は本来の力を発揮することができないので白髪になってしまうということです。

ビタミンCがタバコ2本で失われる

肌の美しさを保つのに欠かせないビタミンCは、タバコをたった2本を吸うだけで一日の必要量が失われてしまいます。タバコ1本で25~100mgものビタミンCが破壊される為、タバコを吸うとビタミンC不足をまねいてしまうのです。
ビタミンCには、メラニン色素が出来るのを防ぐ作用があるので、不足すると、女性の天敵であるしみやそばかすなど色素沈着をおこしやすくなります。また、ビタミンCには、肌の弾力を保つコラーゲンの生成を助ける作用があるので、不足すると肌の、ハリ・ツヤが失われ、しわも出来やすくなります。さらに、ビタミンCは、活性酸素による肌の酸化を抑える作用があるので、不足するとその抗酸化作用も失われてしまい、老化の原因になります。

引用元:http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kinen/tabacco/ta-05.html

ビタミンCは白髪の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

しかし、タバコを2本数だけで1日に必要なビタミンCが失われてしまいます。

ビタミンCを失った結果、活性酸素の効果で白髪になってしまうということなのです。

白髪の原因の睡眠不足

睡眠不足によって白髪ができるのは、血行が悪くなることと成長ホルモンの分泌がうまくいっていないという理由になります。

血行が悪いというのはストレスになりますから、さらに白髪を増やしてしまうことになります。

また、成長ホルモンは睡眠時に活発に分泌されます。

成長ホルモンは、髪の毛にも当然作用しますから睡眠不足によって不足すると白髪の原因の1つになってしまいます。

 

 

白髪の原因はヘアケアにあった

白髪の原因のシャンプー

白髪増えてしまう原因の1つにシャンプーがあります。

シャンプーは頭皮をきれいにしてくれるので、ヘアケアには大事であることは間違いありません。

しかし、洗浄力が強すぎると、頭皮の皮脂を取りすぎてしまいます。

また、シャンプーであらいすぎるとフケが増えますのでご注意下さい。

頭皮の油(皮脂)は、外敵から頭皮をから守る役割がありますで、取りすぎはNGです。

引用元:http://www.zenyaku.co.jp/k-1ban/clip/shigaisen/page03.html

必要以上に皮脂を取りすぎてしまうと頭皮は紫外線のダメージを受けてしまいます。

この紫外線が白髪を増やしてしまう原因になります。

紫外線による日焼けは、帽子をかぶるとよいです。

白髪サプリ以外でもできる対策は、日常的にしていきましょう。

ビタミンCで紫外線対策

シミの元になるメラニンが過剰につくられるのを抑え、色素沈着が起きにくくします。また、皮膚を構成するコラーゲンがつくられるのを促進して、肌荒れを改善させるはたらきもあります。特に、喫煙者やストレスを強く感じる人はビタミンCを消費しやすいので、積極的に摂るようにしましょう。

引用元:https://www.taiho.co.jp/kenko/onayami/uv/contents02.html

ビタミンCの抗酸化作用は、紫外線をあびることで生成される活性酸素にも有効です。

ビタミンCが含まれている白髪サプリを選びましょう。

白髪の原因のパーマ

白髪の原因がパーマなのは、過酸化水素が影響しているからです。

カラーやパーマには、過酸化水素水が使われています。

カラーリングやパーマの後にしっかりと髪を洗い流すことで過酸化水素は除去できます。

亜鉛は過酸化水素を除去する

亜鉛は過酸化水素を除去する役割があります。

体のどの部分とは決まっておらず、当然、髪の毛にもその効果を発揮します。

白髪の原因がドライヤー

ドライヤーは使い方によっては、白髪を増やしてしまう原因になります。

ドライヤーを長時間使っていると熱さを感じることがあると思います。

頭皮は、2.35mmと比較的厚みがあるので熱を感じにくいはずなのに熱さを感じるという事は、ダメージを受けているという事です。

ドライヤーの熱によって、頭皮が乾燥し、硬くなってしまい、血行が悪くなります。

血行が悪くなった結果、白髪を増やしてしまうことになるのです。

白髪の原因がワックス

白髪の原因の1つに髪の毛につけるワックスや整髪料があります。

ただし、ワックスが整髪料を使うことが自体が悪いわけではなく、髪の毛や頭皮を痛める成分が入っているものだけが良くないだけです。

また、ワックスや整髪料を使ったときは、しっかり洗髪しましょう。

ワックスや整髪料が毛穴につまった状態だけとメラノサイトに悪い影響を与えてしまいます。

メラノサイトは髪を黒くするために重要な役割を担っていますので、汚れはしっかりと洗い流すことが白髪を作らせない対策になります。

白髪の原因が毛を染めること

白髪の原因の1つは頭皮や髪の毛へダメージです。

ヘアカラーをしたり、ブリーチをしたり、染髪をすることは当然、髪の毛と頭皮の両方にダメージを与えます。

ワックスや整髪料同様にしっかりと洗い流し、頭皮の毛穴をふさがないようにすることが大事です。

 

 

白髪の原因となる病気

原因 症状
貧血 ビタミンB12と葉酸の欠乏 急に白髪になる。冷え性。
甲状腺 甲状腺のホルモン分泌が減る 白髪になる
白斑 色素細胞の異常 皮膚の一部が白くなる(頭に出ればその部分は白髪)

貧血が原因の白髪

貧血は、ビタミンB12や葉酸の欠乏で起きることが多いです。

つまり、貧血による白髪は、栄養不足であるという事。

白髪サプリでビタミンB12や葉酸を摂取することも当然考えられる対策なのですが、ビタミンB12や葉酸が含まれていない場合は吸収率を高める成分や相乗効果が得られる成分を取るのも効果的です。

葉酸はビタミンB12同様、ビタミンB群の成分です。

ビタミンB群の栄養素は、他のビタミンBと相互作用で働きますのですので、ビタミンB1やビタミンB2が配合されている白髪サプリと一緒に取るとよいでしょう。

また、貧血は冷えとつながっているので貧血の改善は、白髪の原因の1つの冷え性改善にもなります。

甲状腺ホルモンが原因の白髪

甲状腺ホルモンが少なくなると、心身の働き全体が低下します。初期の場合は、あまり症状が出ないことも多いので注意が必要です。
・白髪になる、脱毛する

引用元:http://women.benesse.ne.jp/healthcare/pc/static/calendar/calendar59_02.html

また、甲状腺ホルモンが原因の病気はたくさんあり、貧血と間違えられるケースもあります。

・爪の変形/スプーン爪
・疲れやすい
・皮膚が青白くなる

これらの症状はすべて甲状腺機能低下症によるものなので、注意が必要です。

白斑が原因の白髪

白斑は白髪と同じメカニズムで作られます。

白斑は別名しろなまずとも呼ばれ、皮膚の色が白く抜ける病気です。

白斑部分のメラノサイトは破壊されているため、メラニン色素が生成されず、白くなってしまいます。

白斑が頭皮にできるといわゆる白髪になります。

白斑は原因が1つに特定されていないため、根本的な治療法が確立されていません。

 

 

白髪の原因のストレス

白髪の原因の大きな要因がストレスです。

肉体的な疲れや精神的な苦労など様々事が原因になって人間はストレスを感じます。

ストレスを消し去ることは難しいので、ストレスに強くなる成分が入っている白髪サプリを選んで解決するのが良いと思います。

ビタミンCでストレス解消

ビタミンCは、副腎皮質ホルモンというストレスに効果がある成分を合成するために必要です。

ストレスの解消は白髪で悩む人にとって不可欠です。

副腎にはビタミンCがある程度ストックされているというが、ストレスを受ける状態が続くとそのビタミンCもいずれ底をつき、副腎皮質ホルモンがスムーズに分泌されずにストレスに弱い体になってしまう。ストレスが気になる人は、ビタミンCをいつもよりやや多めに摂取してみてはいかがだろう。

引用元:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33589?page=2

ストレスが強い環境がビタミンCの不足を招き、やがて、白髪の原因となってしまうということです。

脳神経から刺激として入ったストレスは視床下部からそれに連なる下垂体に伝わります。下垂体は副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)を分泌して副腎皮質部を刺激し、副腎皮質ホルモンを分泌させます。副腎皮質ホルモンの働きは、血糖値を高め、エネルギーを増産しストレスに対抗する戦闘態勢を整えること。この皮質ホルモンの分泌には、大量のビタミンCが必要なのです。

引用元:http://www.jmi.or.jp/qanda/bunrui5/q_096.html

ストレスでビタミンCのストックが底をつくとビタミンCによる免疫物質が減少します。

免疫力が低下し、病気になりやすくなるので、白髪を気にしない人でも必要に応じてビタミンCを摂取したほうが良いですね。

ビタミンEでストレスを軽減

ビタミンEは、抗ストレスホルモン「コルチゾール」の生成に関係しています。

ストレスが減れば白髪になる原因の1つがなくなります。

コルチゾールはストレスを軽減してくれる一方で、過剰に分泌されすぎると糖尿病になる副作用があります。

この副作用を抑えるためには、一緒にビタミンCを取ると良いです。

ビタミンB1でストレスを軽減

 

ストレス解消にはテアニンが効果的です。脳がリラックスしているときは脳にα波が出ていますが、テアニンを摂取するとα波が増えることが実験でわかってきました。

引用元:http://www.taiyokagaku.com/health/theanine02

ビタミンB1は、テアニンとも呼ばれています。

テアニンは、お茶に含まれており、お茶を飲んだ時に心とが体が癒される効果はテアニンのおかげだと言われています。

ビタミンB2でストレス解消

知らず知らずに受けているストレスも、体内のビタミンB2が大量に消費される原因となっています。
ストレスでビタミンB2が足りなくなると、またイライラという悪循環に・・・。
ハードワークや夜更かしが続いたり、体力を使いすぎている場合もビタミンB2の使用量が増加します。忙しい時こそ特にビタミンB2をきちんと補える食事を選びましょう。

引用元:https://www.chocola.com/vitamin/02/

つまり、ストレスをビタミンB2で軽減しているとも言えるわけです。

不足したビタミンB2はサプリメントで補いましょう。

 

 

白髪の原因の位置

白髪になった部位によって体の不調がわかるといわれています。

体の不調を治すことで白髪を対策することも可能です。

白髪の部位 体の不調
こめかみ 目の不調、眼精疲労、ストレス
前頭部 痔、便秘などの肛門の不調、ストレス
頭頂部 消化器系の不調、紫外線によるダメージ
側頭部 内臓の不調、むくみ、ストレス
後頭部 精力減退(男性)、不妊や生理不順(女性)など生殖器の不調

引用元:https://www.ruan.co.jp/column/mamechishiki/position-where-gray-hair-grows/

こめかみの白髪の原因

こめかみの白髪の原因は、ストレスと密接な関係があります。

ストレスを受けるとストレスホルモンのコルチゾールの分泌されます。

するとセロトニンという神経伝達物質が抑圧され、自律神経が乱れます。

乱れが自律神経の1つである交感神経が活発になるとこめかみの血管が収縮されるため、血液や酸素などの必要な成分が足りなくなり白髪になりやすい状況になります。

現代人は、ゲームやスマホで眼精疲労が原因で血行不良を起こします。

画面から発せられるブルーライトは脳の体内時計を狂わせ、交感神経を活性化させてしまうと言われてします。

前頭部の白髪の原因

東洋医学では、前頭部は脾、側頭部は肝、後頭部は腎と関係があると考えられています。

脾とは、胃腸の働きや消化や吸収によってエネルギーを血液に変化させ、心臓や肺に送る働きのことを言います。

脾の働きである消化が悪くなる状態になると消化不良という状態になります。

消化不良は便秘や痔などの症状となってくることがあります。

逆を言えば便秘や痔がある人は、同じ経絡上にある前頭部に影響し、白髪が増えるという事になります。

おでこや前髪の生え際の白髪も胃が不調であることが多いです。

頭頂部の白髪の原因

頭頂部の中心は、胃の不調が現れやすいと言われています。

この部分に白髪が現れる場合は、胃に問題が起きていることが多いです。

頭頂部やつむじは、紫外線によるダメージも一番受けやすいので、複合的な理由で白髪になりやすいです。

頭頂部の右と左によっても原因が変わってきます。

頭頂部左の白髪の原因

むくみや腎臓の不調が考えらえます。

腎臓の不調で黒髪にするための栄養が足りなくなってしまいます。

その結果、白髪になります。

頭頂部右の白髪の原因

肝臓の不調が考えられます。

肝臓の不調で黒髪にするための栄養素が足りなくなってしまいます。

その結果、白髪になってしまいます。

側頭部の白髪の原因

側頭部の白髪は、内臓の不調が原因であることが多いです。

年齢は同じなのに、白髪の量が大きく違うことがあります。

白髪の原因は、加齢やストレスだけではありません。

内臓は大量の血液を消費します。

内臓で血液を使いすぎてしまうと髪の毛のための血液が足りなくなってしまいます。

そうなってくると黒髪になることができず白髪になってしまいます。

後頭部の白髪の原因

後頭部の白髪は、生殖系の不調が原因であることが多いです。

生殖系の不調で多いのは、生理不順です。

生理不順と関連していますが、不妊に悩んでいる人も白髪になりやすいです。

不妊というストレスとともに、生殖器に必要以上に栄養がとられ、黒髪にする栄養がたりなくなります。

これが白髪の原因になります。

耳の周りの白髪の原因

耳の周りの白髪は、歯や歯茎の病気が原因であることが多いです。

具体的には、虫歯や歯周炎や歯槽膿漏などです。

歯や歯茎に不調があると黒髪に回す栄養がないということになります。

その結果、白髪になると考えられています。

髪の毛以外で白髪の生える場所

白髪の生える場所は髪の毛だけではありません。

まつ毛、眉毛、もみあげ、鼻毛、ひげ、襟足なども白髪になります。

白髪の原因は、ストレスと栄養不足のどちらかであることが多いです。

部分的に白髪がある場合

分け目は白髪が生えやすいです。

その理由は紫外線の影響を受けやすいからです。

頭皮に紫外線があたるとメラノサイトが破壊されてしまうので、黒髪にする色素を生成することができず白髪になってしまいます。

髪はもともと白髪です。

メラノサイトが生成する黒髪成分があって、はじめて髪の毛は黒くなるのです。

 

女性のための白髪サプリ

女性の白髪の原因は、女性ホルモンや妊娠や出産、授乳など女性特有が原因で起きることが多いです。

とくに若い女性の場合は、加齢による白髪というのはあり得ないので、別の原因であることが多く、多くの場合は解決方法があります。

女性ホルモンは白髪の原因とはいえない

女性ホルモンは、髪の成長に欠かせないホルモンですが、それが直接白髪の生えてくるメカニズムとは関係ないといわれています。なぜなら、白髪が生えてくる根本的な原因は、頭皮にあるメラノサイトが機能せず、色素が作られなくなることだからです。

引用元:https://www.hairdoctor-women.com/ikumou-kaizen/7645.html

ネット上の多くのサイトで医学的、科学的根拠がないにも関わらず、女性ホルモンと白髪の原因となるメラノサイトの働きが関係しているというサイトが多くあります。

でも、この勘違いは無理もない話です。

というのも、女性ホルモンの低下と黒髪を作りだすメラノサイトの低下の原因が同じような事が多いからです。

たとえば、白髪になる原因には、不規則な生活や栄養バランスの偏った食事、ストレスなどがあります。

これは、そのまま女性ホルモンの低下になります。

また、白髪のもう1つの大きな原因である加齢も女性ホルモンの低下につながります。

とは言っても厳密にいえば、女性ホルモンの低下=白髪とは言いすぎな気がしますね。

妊娠は、白髪の原因に

妊娠すると赤ちゃんに栄養を与えるために、女性は、様々な栄養素が不足します。

ビタミンEやビタミンCの不足で白髪に

ビタミンEやビタミンCは、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

髪に対してもビタミンEは活性酸素を防ぎ、白髪になることを回避することができます。

活性酸素は主につぎの4つです。

活性酸素名  特徴
スーパーオキシドアニオンラジカル もっとも初期段階の活性酸素
一重項酸素 紫外線によって発生。反応力が強い
過酸化水素 酸化力は強くない。しかし最も毒性の強いヒドロキシラジカルを生みやすい
ヒドロキシラジカル 体の中に入った過酸化水素が、体内の銅や鉄と反応することで発生する。とても毒性が強い。

過酸化水素は、ヘアカラーやパーマにも使われています。

この活性水素を除去するのがビタミンEやビタミンCというわけです。

また、ビタミンEとビタミンCは一緒に摂取することで相乗効果を生みます。

食事からなかなかとれない場合は、白髪サプリメントを県としてください。

出産は、白髪の原因に

カルシウムでメラノサイトを活発に

メラノサイトから髪の毛の色が薄くなりそうになると、メラニン色素が出てきて、髪を黒くします。

この白髪防止のメラニン色素をコントロールしてるメラノサイトを活発にするのがカルシウムです。

妊娠や出産で、女性は大量のカルシウムが不足します。

赤ちゃんの骨に使われます。

3.5kgの赤ちゃんの骨には、少なくとも50gのカルシウムをお母さんからもらうのです。

引用元:http://www.unical-shop.com/articles/ninpu.php

1日のカルシウムの必要な量が600mgと言われていますが、摂取基準量をこえたことがありません。

特に出産で減ったカルシウムを食事で改善することができなかったら、やはりサプリメントで補うしかありません。

授乳は、白髪の原因に

母乳にはカルシウムが含まれており、たたでさえ、日本人はカルシウム不足の人が多いので余計に不足します。

このカルシウムが不足すると、外部から摂取しない限り、カルシウムは不足してしまいます。

赤ちゃんの世話が大変な時期に、ゆっくりご飯を食べることもなかなかできません。

カルシウムが不足する理由

日本人がカルシウム不足になりやすいのは、日本の地位的なことが原因となっています。

日本の国土の多くは、火山灰地で、カルシウムの含有量が多くありません。

このカルシウムの含有量が少ない土地で作る野菜もカルシウムが少なくなってしまいます。

また、この地を流れる水もカルシウムが少ないため、他の国にくらべるとカルシウムが不足してしまうのです。

性別 男性 女性
年齢(歳) 推奨量(mg/日) 推奨量(mg/日)
1~2 400 400
3~5 600 550
6 ~7 600 550
8~9 650 750
10~11 700 700
12~14 1000 800
15~17 800 650
18~29 800 650
30~49 650 650
50~69 700 650
70以上 700 600

食事だけで、この数値を満たすのはなかなか厳しいので、白髪サプリメントの摂取が良いでしょう。

男性のための白髪サプリ

20代のような若い男性の白髪の原因は、ほぼ遺伝だと言われています。

遺伝性の若白髪はあきらめるしかありません。

白髪サプリでどうにかなるものでは、決してありません。

ストレスが原因で白髪に

ストレスは心だけではなく、体にも不調をきたします。

例えば、ストレスによって血行が悪くなることがあります。

血行がよくなるということは、体の隅々まで栄養が届きにくくなるという事です。

当然、黒髪への栄養素も不足しがちになってきます。

マグネシウムでストレスを軽減

マグネシウムは、「抗ストレスミネラル」と呼ばれています。

白髪の原因となるストレスを軽減してくれます。

あおさ、大豆、きなこ、アーモンド、干しエビ、玄米などに含まれています。

マンガンでストレスを軽減

マンガンが十分に摂取されていると中枢神経が活性化します。

その結果、すっきりとした思考ができたり、ストレス解消に効果があります。

しょうがとお茶、しそやバジル、みょうが、モロヘイヤやひよこ豆、くり、しじみやはまぐり、パイナップル、あおのり、コショウ、カレー粉などに含まれています。

 - サイトマップ